平本

1年はあっという間?

みなさまこんにちは
平本です。

先日の大雪
以前から、雪が降ったらみんなで雪かきだよーと噂は耳にしていましたが
こんなにはやくその日が来るとは・・・
降り出した月曜日は帰宅時間に強風と重なってしまい、
このまま遭難するのではと思いました。
火曜日の朝から全員で手分けして駐車場の雪かきです。
普段はパソコンに向かっているので、日頃の運動不足をここで痛感しました。
次の日は腕背中腰お尻が筋肉痛に。
しばらく雪はいらないです。
しかし、お客様が気持ちよく安全に駐車場を使えるように!と思うと充実した一日でした☺
雪はもういりませんが。

さて、年が明けあっという間に3週間。
1月も終わろうとしています。
ここ数年特に時間の流れが早く感じます。
主観的に記憶される年月の長さは
年少者にはより長く、年長者にはより短く評価される
という現象を心理学的に説明した法則もあるそうです。

50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、
5歳の人間にとっては5分の1に相当する。
よって50歳の人間にとっての10年間は、5歳の人間にとっての1年間にあたり
5歳の人間の1日が、50歳の人間の10日あたる

という考えなんだそう。
子供は目にするものや触れるもの、全てが新鮮で毎日が新しいこととの出会いなので
時間が長く感じます。
一方、大人になると毎日淡々と過ごすことで時間が早く感じます。
しかし、みな平等に時間は流れています。
楽しいこと夢中になることはあっという間に時間が過ぎるといいますが
この法則では主観的に記憶される年月のこと。
過去を振り返った時に感じる時間の長さの印象です。

たまには何の変哲もなく終わる日もあって良いと思いますが、
せっかくなら変化をつけてみたり 今日1日楽しかった!と感じる日を
少しでも多く今年は過ごしたいなと思います。
早々にいつもとは違う事が起きたので、いいスタートになっているのかな?

最後になりましたが、皆さま2018年もどうぞ宜しくお願い致します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena Bookmark
  • Google Plus